読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおすけの落書き帳

てきとーに。

ローカルIPアドレスを割り当てられているMacへSSHしたい!

外から家のマシンを触り隊

皆さんそう思ったりしますよね。

私なんか家でMac使ってたりして、SSHして色々したいと思ったりもするわけですよ。
でも固定IPとっているわけでもなく、色々ゴニョゴニョしてたわけですが。 今日うまく出来ました!

環境

マシン設定

まず、外部からのSSHを許可しないといけません。
10.8では、設定の共有からいじるようです。

System Preference→Sharing→RemoteLoginにチェックが入っているか確認!

f:id:naosuke2dx:20131011015058p:plain

f:id:naosuke2dx:20131011015439p:plain

f:id:naosuke2dx:20131011015442p:plain

チェックを入れたら一応ターミナルでログインできるか確認しましょう。

$ ssh localhost  
Password:

これで自分のパスワードを入れて、ログインできたらOK!
とりあえずSSHでログインできるようになりました。

ルータ設定

次にルータ設定です。
AirMacを使ってる人は、Macに設定用のアプリケーションが入っているのでそれを使います。

f:id:naosuke2dx:20131011015803p:plain

そいつを開いて、ルータを選択、Editをクリック

f:id:naosuke2dx:20131011020114p:plain

Networkタブを開いて、Port Settingsをいじります。
ここで、SSHで接続するマシンのIPアドレスを固定しておくといいかもしれませんが、ここでは省略。
(ちなみに私は固定してます)
この+をクリックしてください。

f:id:naosuke2dx:20131011021146p:plain

するとこんな画面が出るので、適当に設定します。

f:id:naosuke2dx:20131011021232p:plain

Public TCP PortはWell known Portを避けるのがいいですね。 Private IP AdressはSSH接続したいマシンのIPを。固定してると楽です。
Private TCP Portには22を。
これでSaveして、UpdateをしたらもいっかいターミナルでSSHをします。

$ ssh (ルータのグローバルIPアドレス) -p (さっき決めたPublic Ports)  
Password:  

これで完了です。

おわりに

この方法を応用するとHTTPサーバもできそうですね。 また挑戦したいと思います。